FC2ブログ
◆稲を運ぶ舟図
2010 / 01 / 28 ( Thu ) 09:58:01
潟端で使われていた舟は、稲運搬用に適した舟でしたので長さがありました。大きさは物によって多少違いがあったようですが、4間(8m)ほどだったそうです。保管されている舟の実寸を測りましたが、それは4間3尺(8.2m)ほど、幅は中央の太いところで5尺(1.5m)ほどでした。
材質はクサマキとのこと。クサマキは地方名で?でしたが、ヒノキアスナロ(アテ)のことのようです。なかには杉材でつくられた舟もあったそうですが、スギはすぐに腐るので好まれなかったとか。
潟端の舟は、川尻と八田の舟大工さんがつくられていたそうです。

huneHP.jpg
スポンサーサイト



テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 CM:0 admin page top↑
* HOME * next